失業したときにできること

MENU

失業保険記事一覧

失業保険は、在職中、雇用保険の被保険者だった人が離職した際に、生活の心配をせずに次の仕事を探すために支給されるお金です。失業保険というと、一般的には、求職者給付の基本手当のことを指しますが、他にも、就業促進給付や教育訓練給付、雇用促進給付などがあります。失業保険をもらうためには、ハローワークに行って、求職の申し込みを行うなど、本人に積極的に就職したいという意思があり、尚且つ、就職できる能力があると...

失業保険を不正受給する、もしくは、不正受給しようとすると、現実に支給を受けたかどうかを問わず、「支給停止」、「返還命令」、「納付命令」の処分が行われます。支給停止は不正をした日から失業給付を受ける権利がなくなり、一切支給が行われないことです。返還命令は、不正な行為によって支給を受けた金額を全額返還しなければならないという命令になります。納付命令は、返還命令に加えて、直接不正の行為により支給を受けた...

失業保険の計算方法は、とてもわかりにくいものになっています。おおよその金額なら、失業保険の金額を簡単に計算できるサイトを使えば算出できますが、離職理由によっても支給される日数や金額が変わるので、正確な金額は失業保険の説明会で渡される「雇用保険受給資格者証」をみるといいでしょう。とはいうものの、失業後の生活設計を考えるためには、大体でも給付される金額を知っておきたいものです。失業保険の給付額の大雑把...

失業保険と扶養の関係ですが、結婚を機にそれまでの仕事を辞めて、専業主婦になろうという場合は、当然のことながら失業保険はもらえません。失業保険というのは、失業状態にあって、すぐにでも働こうという意思があり、求職活動していることが給付の条件になるからです。失業保険をもらいながら、夫の社会保険(健康保険と年金3号被保険者)の扶養となる場合の条件は、今後12ヶ月の収入見込み額が130万円以下であること。こ...

失業保険をもらう場合、退職理由が「会社都合」か「自己都合」かで給付条件が大きく変わります。会社都合なら、三ヶ月の給付制限期間がなく、結果的に給付期間が長くなるのです。給付期間が長ければ、それだけもらえる金額も増えることになるので、人によっては会社都合の場合と自己都合の場合で100万円近い差が生じることもあるでしょう。できるだけ、会社都合で退職した方が得なのは間違いありません。では、どうしてみんな自...

失業保険の給付を受けている間のアルバイトについては、就職だとみなされないように注意が必要です。ハローワークによって若干、基準に違いがあるようなので、事前に確認してからアルバイトした方が無難でしょう。失業期間中にアルバイトをする場合、原則として四週間に十四日以内、週20時間以内、週三日以内というのが、大体の基準になるようです。アルバイトやパートであっても、一年以上の継続雇用が見込めて、週20時間以上...